第32回 隅田川花火大会

2009.07.26  渡邉達朗

第32回隅田川花火大会
東京三大花火大会の一つ「隅田川花火大会」を初めて観に行ってきた。噂を聴いて覚悟していたものの、浅草駅で降りたら想像を超える混雑ぶり。実行委員会によると95万人ほど観客が集まっていたらしい。

第32回隅田川花火大会
普通にぶらぶら行ってたらまともな場所は取れなかったと思われるが、今回は第一会場のすぐそばにある野球場の市民協賛席を友人が手に入れてくれていたので、すごく近くで観賞することができた。男二人にはもったいないくらい広いスペースで、一色くんには本当に感謝している。


写真もいっぱい撮ったが、動画の方が雰囲気が伝わるのでYouTubeにアップしたものを上に貼ってみた。コンデジ動画なので現地で観たり聴いたりしたものとは大分違うけど、見返すと再発見があって面白い。順番に観てもらうと、最初空が明るいうちから始めてだんだん暗くなっていく様子や、様々な種類の花火が打ち上げられているのが分かると思う。

花火当日は予報が外れ晴れてくれてラッキーだったのだが、風がすごく強かったせいか、たびたび花火の欠片が落ちてきたのにはビックリした。隅田川花火大会だと当たり前だったりするのだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

CAPTCHA


第32回 隅田川花火大会

2009.7.26

交流, 花火