The West Wing 4th Season

2007.08.15  渡邉達朗

ザ・ホワイトハウス

第4シーズンはアーロン・ソーキンとのトーマス・シュラムが関わった最後のシーズン。

サムの出番が減るのに伴い、新メンバーが数名登場する。スピーチライターに焦点を当てた話が多かったせいか、ウィル・ベイリーには好感が持てた。今後の活躍に期待したい。

暗殺事件がずっと尾をひいているために重い話が多いのだが、その中で3人組が放浪するのと、部長に子供が生まれるエピソードはとても微笑ましかった。

最終二話はまさに激動といった感じで、続きが非常に気になる終わり方をしている。第5シーズン以降は米国では人気がないので、日本語版でのリリースが危ぶまれているようだが、ぜひ発売してほしいと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

“The West Wing 4th Season” へのコメント

  1. ミカ

    本国では第7シーズンまでDVD化されているようですが、
    日本語吹き替え版はどのシリーズまで発売されるのか心配になりますね。
    あの素晴らしい吹き替え版で全シリーズ観たいものです……。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


The West Wing 4th Season

2007.8.15

テレビ・映画・演劇