しゃぶしゃぶシャ豚ブリアン

2018.10.30  渡邉達朗

しゃぶしゃぶシャ豚ブリアン
神楽坂駅近くの路地で昨年オープンした「しゃぶしゃぶシャ豚ブリアン」は豚料理の専門店。群馬のブランド豚「くちどけ加藤ポーク」や北海道のブランド豚「神威豚」など厳選した食材を使用。焼肉チャンピオンや米福で総料理長を務めた経験をもつオーナーシェフ宮野長司氏が調理する。

店名の「シャ豚ブリアン」とは、牛肉で最高級部位といわれるシャトーブリアンの豚肉版。豚ヒレ肉の中心部分を指し、豚一頭からわずかしか取ることができない希少部位をこう呼んでいるのだそう。名物は牛のテールスープで提供する「水炊き風コラーゲンしゃぶしゃぶ」。「櫻井・有吉THE夜会」にも登場し、梅沢富美男が綾野剛に「特上ヒレカツ定食」を紹介していた。

しゃぶしゃぶシャ豚ブリアン
ランチメニューは「幻のくちどけ加藤ポークヒレカツカレー」「幻のくちどけ加藤ポーク上ヒレカツ定食」など。期間限定メニューとして「テールラーメン」や「濃厚テールつけ麺」も始まっていた。

しゃぶしゃぶシャ豚ブリアン
しゃぶしゃぶシャ豚ブリアン
今日のお目当ては、雑誌「一個人」で日本一の極旨レシピに輝いたという「赤豚の生姜焼き定食」。豚肉はもちろん、脂身がたまらない美味しさ。タレの味付けも絶品で、ご飯がすすむ素晴らしい生姜焼きだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

CAPTCHA


しゃぶしゃぶシャ豚ブリアン

2018.10.30

神楽坂, 肉料理